SomeTime通信

日記や興味のあるニュースについて時々書き記します。
ボルトン監督、中田英寿を永久契約!?
0
    先日のイギリスサッカー、プレミアリーグの試合で、
    日本を代表する中田英寿がかなりの活躍をしたらしい。

    これに対し、中田が所属するボルトンのアライダース監督は、
    中田英寿を本格的に移籍させて、永久契約を結びたいと発言したそうです。

    アライダース監督は当初から中田英寿を、
    高く評価していた感じもありました。

    正直な感想としては、
    数日前にも、プレミアリーグでも
    近年優勝したことがある、
    かつて名古屋グランパスエイトを率いた名称、
    エンゲル監督がいるアーセナルが触手を伸ばしているという
    記事を読んだことがあるので、
    将来的にはそういう強いチームへ移籍してくれることも
    期待していた。

    その一方で、かつてイタリアセリエAで、
    強豪ローマに所属し、リーグ制覇しつつも、
    ポジションの関係で移籍したことを考えると、
    ボルトンのような中堅的なチームに所属し、
    チームの絶対的な主軸となり、
    チームの歴史に残るような選手になって欲しいとも思う。

    自分のような小市民が中田英寿選手に願望を抱くのもどうかとも思うが、
    強豪チームへ行くことも良いが、中堅チームの永久的なスターになり、
    引退後もそのチームに力を尽くし、
    日本人をドンドン呼び込むようなことをして欲しいです。
    | サッカー | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
    カーン、Jリーグ入り?
    0
      ドイツ代表のGKオリバー・カーンが、
      Jリーグへ来るかもしれないというニュースがあった。

      今のサッカーJリーグからは、
      欧州などへ日本人選手がドンドン移籍し、
      レベルがあがっているが、
      かつてのように世界トップクラスの選手が、
      日本へ来て影響を与えている姿がすくなっている。

      名前を挙げれば、ジーコ、リトバルスキー、ブッフバルト、
      ストイコビッチ、ドゥンガ、ストイチコフ、エンボマなど、
      心に残る選手がいた。

      代表を引退した選手たちもいたが、
      そのプレーには魅了されたし、
      日本人の成長には効果は大きいはずである。
      たとえピークが過ぎていようとも、
      見ていて華があるので、
      一流選手に来て欲しいと思う。

      最近ではポルトガルの英雄、フィーゴ獲得の噂もあったが。

      今日のネットのニュースでは、カーンの可能性が書かれていた。
      不倫騒動など色々と囁かれるが、
      ビックネームの所属はどのチームに入っても楽しみだ。

      ただ、「金額次第で日本へも行くつもり」とも書かれていた。
      今の推定年俸が8億円と言うことだが、
      金額次第とはいくらのことだろうか?

      できれば日本サッカー発展の為に、
      金額には関係なく来日して欲しい。
      | サッカー | 10:24 | comments(3) | trackbacks(4) |
      今年はイギリスのサッカーが熱い!?
      0
        イギリスのサッカーと言えば、
        有名なのはなんと言ってもイングランドのプレミアリーグ。

        しかし今年、スコットランドのリーグに所属する
        セルティックというチームに
        日本人初となる中村俊輔が移籍した。

        スコットランドのリーグなどは正直に言って、
        聞いたこともなく、そんなチームへ移籍することも不思議だったが、
        彼が移籍したことで日本人の注目も一気に上がるだろう。

        ただ、このセルティックと同じく、
        グラスゴーに本拠地を置くレンジャーズというチームの2チームが、
        現在、スコットランドの2強となっており、
        イングランドプレミアリーグへの参入を画策しているという。

        イングランドプレミアリーグと言えば、
        過去にMF戸田、稲本、FW西沢、GK川口など、
        日本代表で活躍した選手がかなりの期待を背負い移籍をしたが、
        みな確固としたポジションを得ていない。

        Wブロムウィッチに所属する稲本に至っては、
        試合の出場機会が無く、日本代表でも補欠の地位へと落ちてしまった。

        しかし今現在の情報では、開幕戦マンチェスターCとの試合に、
        移籍後初となる先発フル出場し、活躍をしたとか。
        W杯でのレギュラーを目指し、チームでもレギュラー確保できるよう、
        がんばってほしい。

        そしてなんと言っても日本随一と言って良い、
        中田英寿が先週、プレミアリーグで昨季6位、
        UEFAカップへの出場も決まっていて、
        試合数も多く活躍の場が来たいできるボルトンというチームへの
        移籍が決定した。

        14日日曜現在、ボルトンの会長の話では、
        難しいとされる就労ビザの取得が終わり、
        15日には正式発表できるという。

        1年間のレンタル移籍で完全移籍のオプション付ということらしいが、
        移籍元のフィオレンティーナでは、監督も中田と確執のあった監督となり、
        チームで活躍の場がなくなってきている。

        それに比べ、ボルトンのサム・アラーダイス監督からは、
        加入前とは言え信頼も得ており、監督自身、
        次期イングランド代表監督とも囁かれている、
        チームは昨季6位という優勝も狙える中堅である。

        中田が自身を高めチームを引っ張り、
        良い結果を残し、W杯を迎える、最高の環境が整った感じがある。

        中田、稲本、中村の日本を代表する力を持ったイギリスのサッカーに、
        今年は日本人の期待がかなり集まるだろう。
        | サッカー | 10:21 | comments(0) | trackbacks(2) |
        コンフェデ 日本スタート
        0
          寝ようと思ったらサッカーのコンフェデ杯の日本の試合が始まった。
          日本も弱くなったけど、メキシコも弱くなったもんだ。
          日本に先制されてる。

          それにしても中田英寿、センスがずば抜けてる。
          大会だから尚更なのか、すごすぎる。
          他の21人はどうでもよくなってしまう。
          | サッカー | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
          ヴィッセル神戸、早くも監督交代
          0
            リーグ開幕前、金に物を言わせ有名監督の招聘が話題になり、
            先日、松永元監督を更迭し、エメルソン・レオン監督を
            招いたばかりのヴィッセル神戸が早くも監督交代を発表した。

            レオン前監督になり、リーグ戦、カップ戦ともに4試合を消化しただけで、
            早くも交代となった。

            どういう経緯か知らないし、神戸が嫌いなわけではない。
            しかし前にも書いた通り、神戸はまさに、
            三木谷のゲーム上のチームに感じてならない。
            短期で結果なんか三木谷だって出せまい。

            そのうち野球チームもゲーム上のチームになるのだろう。
            今のジャイアンツのように。
            できれば三木谷の楽天のような会社には、
            スポーツチームから手を引いてもらいたい。
            | サッカー | 23:23 | comments(0) | trackbacks(4) |
            日本サッカーの無名度
            0
              来年、ドイツで行われるサッカーワールドカップの前哨戦として、
              同じくドイツで各大陸の王者を集めて行われる、
              コンフェデれーズカップが開かれる。

              そのドイツの記事では次のような記事が載っていたとか。

              (中略)と、ここまで深く分析された日本代表だが、極め付きは低すぎる認知度だ。ビルト紙ではジーコ・ジャパンのメキシコ戦のスタメン予想を掲載。不在のFW高原が先発。MF中村がボランチ、FW鈴木を中盤で起用。ポジションが合致しているのは、DF宮本、MF中田英、FW玉田だけという珍奇な布陣。

              普通は選手名とともにFW、MFなどポジションも記されているはずなので、
              心底無名なのか、馬鹿にされてこう書かれているのか、
              判断に苦しむ。

              が、しかし日本人選手は世界的にみても、
              やはりまだまだ無名ということか。
              とは言っても日本人記者だって、
              異国のチームのすべてを細かく把握しているわけではないのだから、
              逆に日本の予想スタメン記事などでも間違いは見受けられるはずだが。

              | サッカー | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
              サッカー日本代表、前半一点リードで折り返す。
              0
                サッカーファンだが、今日のワールドカップ予選、
                バーレーン戦、見ようと思ったわけではなかった。
                ネットサーフィンをして夜更かしをしてしまってたら、
                横目で見ていたTVで日本が一点取っていた。

                内容的には、ジーコのチームというより、
                中田英寿のチームという感じで、
                中田次第の感じがある。

                全体的にやはり駄目である。FWとDF。
                やはりこのチームでワールドカップに出ても、
                アジアの代表として恥をかくような気がしてしまう。

                とは言え、ジーコジャパンに興味がないと思いつつ、
                点を決めると嬉しいものだ。

                ところでフランスのマルセイユは、
                前日本監督トルシエ氏を解任した。
                こんな短期では名監督でも結果は出せないと思う。

                株式投資でも同じ。
                短期は損気。もう少し気長に見れば、
                良い成果が出ただろうに、
                2年契約を途中で打ち切るとは、
                初めから自分たちが選らんだ監督が失敗
                イコール自分たちのミスを認めてしまっているようなものなのに、
                監督一人に責任を押し付けて、
                まったく馬鹿としか言いようがない。
                トルシエ氏の今後に期待したい。

                | サッカー | 02:31 | comments(0) | trackbacks(2) |
                サッカー日本代表、ペルーに敗れる。
                0
                  2006年に行われるサッカーワールドカップの
                  アジア予選を行っている最中、
                  キリンカップという大会が行われた。

                  この大会は毎年日本を含めた3カ国が参加し、
                  総当りで戦われえるものである。

                  自分はサッカー観戦が好きで、Jリーグなどはよく見るが、
                  日本代表の監督がブラジルの英雄ジーコに代わってからは、
                  試合観戦はほとんどしない。

                  理由は簡単。
                  ジーコの指揮にはコンセプトが感じられず、
                  弱くて魅力のあるプレーをしていないからだ。

                  今日もテレビをつけてはいたが、
                  最初の数分を見て、テレビはオンのまま、
                  ネットサーフィンに夢中になっていた。
                  まったく面白みがないからだ。

                  途中で稲本が交代出場してからは、
                  面白さがでた。
                  さすが稲本と思ったが、その他の選手はまったく
                  見るかいがなかった。
                  この感想は人によって違うのだろうが。

                  最近の試合では試合終了間際などに運良く点が入ったり、
                  オウンゴールなどで、勝っていた試合があったが、
                  試合を見るたびにジーコが指揮するチームは
                  ワールドカップに出場できないだろうと思っていた。
                  例え出場してもこんなチーム、
                  弱くて恥をかくだけだから、出ない方が良いとも思っていた。

                  今日の試合では、ロスタイム5分の内の
                  残り1分半の所で点を入れられ負けていた。

                  どう見ても日本よりペルーの方が試合巧者だった。
                  サッカーファンとして、日本がワールドカップに出て、
                  ペルーが出れないというのは到底、納得がいかない。

                  こんなチームが出場が決まっても、
                  出場権を返上すべきではないかと思ってしまう。
                  フランスワールドカップの時に、
                  オランダ対韓国戦の後にもささやかれたが、
                  ワールドカップのアジアの枠も多すぎだと言われても仕方がない。

                  より良い大会を行う為に、サッカー協会、アジアの協会にも
                  もう少し考えてほしい。
                  | サッカー | 15:36 | comments(0) | trackbacks(1) |
                  おもちゃとなったヴィッセル神戸
                  0
                    Jリーグのデビジョン1に属するヴィッセル神戸が、
                    松永監督を更迭し、新たにレオン氏を招くと発表した。

                    ヴィッセル神戸はチーム母体が破産し、
                    チームを残すような形でかの「楽天」に、
                    買われたチームである。

                    常にJ1の最下位争いをしている感じがあり、
                    嫌いとは言わないが、強豪とは呼べないチームである。

                    昨年は金に物を言わせ、トルコのイケ面FWイルハンを獲得し、
                    話題となった。そんなことは微塵たりとも記憶になかったが。

                    年末には監督を招聘する為に、
                    元日本代表監督のフィリップトルシエや、
                    ドイツの英雄で日本にも長くいた、
                    ピエールリトバスキーなどと交渉し話題にもなった。

                    その時から、「楽天は金さえあれば主義」と感じていたが、
                    そんなチームは魅力ないでしょうと思っていたら、
                    有名な監督の招聘はことごとく失敗に終わった。

                    結局、コミュニケーションの取れる日本人で優秀な人ということで、
                    松永氏を選び、これも話題になっていた。

                    ところが、リーグが始まって僅か数試合、
                    成績不振ということで松永監督は更迭となった。

                    こんな短期間では経歴のある監督ですら、
                    立派な成果を出せるとは思わない。
                    イタリアで中田英寿が所属するチームの監督も同様だと思うが。
                    問題はチーム全体の根底にあるはずである。

                    もはや、ヴィッセル神戸や楽天の野球チームは、
                    三木谷のゲームの対象でしかないのではと思えてしまう。
                    自分の思うようにお金をかけ、
                    強いチームを作ろうと躍起である。

                    ボクとしてはお金をかけて一流選手を集めた日本の野球の巨人や、
                    イングランドのサッカーのチェルシーには魅力は感じない。

                    そんなことはどうでも良いが、
                    こんなにも簡単にクビを切られた、
                    監督の立場などを考えると、かわいそうで仕方がない。

                    プロスポーツの世界は厳しいとはいえ、
                    まだ何も力を出さないまま将来にまで、
                    蓋をされたような気がしてならない。
                    | サッカー | 12:49 | comments(0) | trackbacks(3) |
                    エメルソン、26億円より浦和
                    0
                      どこかのスポーツ記事の見出しをそのまま引張ってしまいました。
                      ボクが大好きな浦和レッズに所属し、
                      現在、Jリーガーナンバーワンのストライカーと思われる、
                      ブラジル人エメルソンに、カタールのチームから、
                      26億円という破格のオファーがきていたとか。

                      Jリーグ史上最高ともなる金額に対し、
                      所属する浦和レッズも応じる意向は無かったというが、
                      とうの本人も、その巨額のオファーより、
                      浦和レッズを選んだとのこと。
                      なんとも感服してしまう話だ。

                      エメルソンの実力は既に成熟度が高く、日本人選手とちがい、
                      成長のために海外に出なくてはならないような感じが高い気がする。
                      あと数年はレッズで良いプレーをして、
                      欧州の強豪チームで鮮烈デビューをして欲しい。
                      周りがすごければ更なる成長、活躍も期待できるので。
                      | サッカー | 12:35 | comments(0) | trackbacks(2) |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      ジョグノート
                      JAL card


                      4travel
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE